町でよく見掛けるブロック塀は様々な役割を持っています。
その役割は、プライバシー確保、防犯、敷地境界表示等です。
日頃は何気なく通り過ぎるだけではありますが、時には安全点検をしてみましょう!
ブロック塀のような私的財産は、所有者の責任において管理するのが基本です。
ブロック診断は一時診断と二次診断とがあります。



■実は簡単!誰でも出来る初期診断■
  


     ブロックの傾きはあるか?
     ●ひび割れ、破損はあるか?
     ●鉄筋はむき出しになっていないか?
     ●ゆれ、ぐらつきはないか?
     ●古く風化してしまってはいないか?


                   


★当てはまる項目がある場合は地震時などに倒壊の恐れがあります。
当社のブロック診断士までお問い合わせください。

※正確を期するためにはブロック診断士による精密診断を実施してください。



 注意  ※ゆれなどをみる場合には、危険を伴うことがあります。必ず周囲に人がいないことを確認し、ブロック塀を押してください。
 (ブロック塀を押す場合には、塀が倒れる場合がありますので十分ご注意ください。)

【参考】
 http://jpex.or.jp/
 (公益社団法人 日本エクステリア建設業協会)

  http://www.jcba-jp.com/daijiten/index.html
 (社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会)


株式会社 外構屋
〒370-0036群馬県高崎市南大類町878-1
Tel.027-352-7643 info@gaikouya.co.jp